コンシェルジュが徹底的にサポート!IT・ゲーム・アニメ業界への転職ならワークポート

↓早速試してみる↓

ワークポート

 

ワークポートは特にIT業界を得意とする転職サポートサービスです。ITだけでなく、ゲーム業界やアニメ業界も得意分野としていて、人材実績1万人以上の転職エージェントサービス最大規模が売りのひとつになっています。

 

もともとはITに特化した転職サポート会社だっただけに、手広い転職先、そして充実の転職支援が受けられると評判です。

 

転職コンシェルジュという表現

もちろんIT関連の転職に強い!というのはワークポートの魅力なのですが、それと同様、あるいはそれ以上に魅力的なのがコンシェルジュの存在です。

 

一般的に利用者ひとりひとりに対してサポートする転職サービスでは「コンサルタント」「エージェント」といった表現を使います。しかしワークポートは「コンシェルジュ」と表現。

 

これには理由があり、ホテルのコンシェルジュのように求職者が満足のいくサポートを提供したいと考えているからなんだとか。

 

それだけマンツーマンでしっかりとサポートしてくれるだけに、実際にワークポートを利用した人たちの評価は非常に高い傾向にあるのも納得です。

 

ワークポートの転職サポート

それでは具体的なワークポートの転職サポートの内容をチェックしていきましょう。

 

転職相談サービス

ワークポートのメインとなるサービスになります。求職者の転職をコンシェルジュがしっかりとサポート。それぞれの業界に精通しているコンシェルジュがマンツーマンでキャリアアップに必要なアドバイスをしてくれます。

 

もちろん、キャリアプランが固まっていない人や、これからどうするべきなのか迷っている方も気軽に相談できます。

 

この転職相談サービスを元に、コンシェルジュがユーザーの可能性を最大限に引き出すお手伝いをしてくれます。もちろん利用料は無料!

 

マッチングサービス

転職相談を元に、その道のプロであるコンシェルジュが最適な企業や転職先を案内するマッチングサービスに移行していきます。

 

自分だけで理想的な転職先を探し出すのは至難の業ですが、コンシェルジュがリストアップしてくれるので無駄がなく、リスクも低い!

 

マネージメントサービス

転職先を見つけたらそれで終わり…とはいきませんよね。ワークポートのコンシェルジュはあらゆる転職活動をサポートするマネージメントサービスも提供しています。

 

例えば面接の日程や、年収や待遇などの交渉、入社時期に至るまで徹底サポート。

 

履歴書や職務経歴書のアドバイスも

転職の大きな壁のひとつと言えば履歴書・職務経歴書ですよね。自分の力だけではなかなか理想的なものを作り上げるのは難しいものです。

 

そこでワークポートはコンシェルジュサービスの一環としてこれらの作り方をアドバイスしています。

 

漢字の使い方、文章構成、記載内容、文章の美しさ、見栄えに至るまで徹底的にサポートしてくれるので書類通過率が大幅アップ!

 

ワークポートはここが違う!

次にワークポートが他の転職サービスとは違う点を紹介していきます。

 

専任転職コンシェルジュ

上記した通り、コンシェルジュがマンツーマンで徹底的な転職サポートを行います。ひとりひとりのスキルや経歴、将来の展望を考慮した上でアドバイスを提供してくれるため満足度の高い転職活動につなげられます。

 

業界のスペシャリストぞろい

ワークポートはIT業界、ゲーム業界に特に強い転職サービスです。これらの他にも販売、サービス、エンジニア、事務、クリエイター…と様々な業種の転職を得意としています。

 

豊富な求人数

専門色の強い転職サービスなだけに、各業界から多くの求人が集まってくるため希望する就職先を探しやすいボリュームになっています。

 

eコンシェル

転職活動の進捗状況がすぐに分かるツールeコンシェルで自身の転職状況を一括管理できます。また同時に求人情報をリアルタイムでチェックしたり、面談予約を入れたりとオンライン上でなんでもできます。

 

将来のことを考えるなら専門家に相談する時代

これまでは自分で求人情報を探し、エントリーして、実際に働いてみて…というのが転職の基本でした。しかしこれだと「働いてみてこんなハズじゃなかったのに」「本当にキャリアを築けるのかな…」と不安になりがち。

 

だからこそ転職コンシェルジュを名乗るほどサポート体制に自信のあるワークポートが人気を集めているのも納得です。

 

将来のことを本気で考え、本気で取り組んで行きたい人に必ず応えてくれます。

 

ワークポートの詳細はこちらから

ワークポートの評判や口コミは?実際に利用した人たちの声

ワークポートはIT業界に特に強い転職サービスです。特価型の転職サイトの中では最大規模だと言われています。

 

実績も非常に優れており、実際にIT系企業の間ではワークポートの評判がとても高く、知名度も十分!それだけに求人数が多いため利用者にとってもメリットが大きい転職サービスとして注目されています。

 

そこで今回は実際にワークポートを利用した人たちの口コミや評判についてまとめてみました。

 

 

レスポンスが早い!

いくつかの転職サービスを併用していましたが、ワークポートが最もレスポンスが早く、スムーズな転職活動に繋げられました。

 

これまでの仕事が残業残業で精神的にキツいところだったので、しっかりとした体制の会社を探していて、希望する会社を紹介してもらえたので満足しています。
(30代男性)


 

 

初めての転職もスムーズだった

人生で初めての転職…ということで不安が大きかったのですが、ワークポートのスタッフさんと相談しながら進められたので安心でした。

 

履歴書や経歴書の添削もすごく丁寧に付き合ってもらえて、無事に転職が叶いました!
(20代女性)


 

 

求人データベースとしても使える

年齢が年齢なので、転職先の候補自体が少ないだろう…ということでIT系最大規模の転職サービスとして評判のワークポートを使いました。

 

とにかく案件が多いため、私でも就職できるところは必ず見つかるだろう!と思ってのことでしたが、これがピッタリ!

 

自分で全部やりたい人なので、ほとんどコンシェルジュサービスは利用しなかったのですが、それでも行き届いたサービスを実感させられる場面が多々あったので使い勝手の良さは間違いなさそうです。


 

 

というポジティブな口コミが多い印象です。
その他にも当サイトに寄せられたリアルな口コミも紹介しますね。

利用者のリアルな口コミ・評判

満足度: -/5.0 口コミ数: -

年代(必須)

性別(必須)


ワークポートの強みや特徴は?IT・ゲームに特化した転職サービスの実力はいかに

IT系やゲーム系の転職に特化した、国内最大規模の転職コンシェルジュサービスワークポート。ここではワークポートの強みや特徴について紹介していきます。

 

ITに強い!

ワークポートはIT業界に強い

ワークポートはIT業界の転職に強いのが最大の強みであり、特徴になります。業界最大手の規模を誇っています。

 

  • 人材紹介1万人の実績
  • 常時15000件以上の求人数

 

数値・データの上でも、ITやゲーム業界に特化しているにも関わらずこれだけの実績の求人数があるのはワークポートくらいのものです。

 

コンシェルジュによる納得のサポート

ワークポートの売りのひとつになっているのがコンシェルジュサービスになります。こちらは転職のプロフェッショナルが納得のいく転職サポートをしてくれる!というものです。具体的には以下のようなサービスを提供しています。

 

転職相談サービス

転職は人生のうちで何度も繰り返すものではありません。なのでなかなか理想的な転職活動を行うのは難しいものです。だからこそ転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれます。

 

希望にぴったりの会社を見つけるのはもちろん、面談日程や入社時期、待遇の交渉など幅広く請け負ってくれます。転職活動中は時間を作るのが難しいことも多々ありますが、これなら安心ですよね。

 

まずは自分がどんな転職を目指しているのか、ピッタリの転職先があるのか…を相談してみましょう。

 

履歴書・職務経歴書のアドバイス

転職での最初の壁になるのが書類選考ですよね。そこでワークポートは履歴書や職務経歴書の作り方をしっかりとアドバイスしてくれます。

 

書類通過率が大幅にアップするプロのアドバイスがあるからこそ、理想的な転職を実現できた!という声が多数挙がっています。

 

eコンシェルで転職をスムーズに

ワークポートのオリジナルツールeコンシェルはオンライン上で転職活動の進捗状況や転職状況を一括管理できる便利なツールになります。

 

例えば、どこに応募してどういった選考状況なのか…とゴチャゴチャしやすい部分もeコンシェルですっきり把握できます。

 

またオススメ求人情報や面談予約システムなど手続きに関するサポートも!

 

ワークポートの公式サイトへ

ワークポートはIT特化型転職サイト最大級規模!知名度の高さと実績で企業からも選ばれる転職サービス

ワークポートは数ある転職エージェントサービスの中でIT特化型国内最大級規模になります。営業マンやキャリアコンサルタント(コンシェルジュ)の数を見ても、リクルートなどの大手と引けを取らない、あるいはそれ以上の人数で転職活動をサポートしてくれます。

 

実績の高さからも、IT系企業に幅広くワークポートの名前が浸透していて、求人数も抜群!それだけに、より質の高い転職活動を目指す上で欠かせない存在となっています。

 

良質な未公開求人が多い?

ワークポートは未公開求人が多い

複数の転職サイトに掲載されている求人情報もあれば、特定のサイトにのみ掲載されているものもあります。後者のことを未公開求人と言いますが、全体的に待遇が良いものが多いです。

 

上記した通り、ワークポートはIT業界からの信頼が厚いため良質な未公開求人が多いと言われています。

 

実際に口コミや体験談、評判を見てみても間違いないですね。ワークポートは転職コンシェルジュによるマンツーマンのサポート体制を取っていて、これによって未公開求人を紹介してもらえる可能性も高いです。

 

つまり納得のいく転職につながりやすいというわけですね。

 

IT業界への転職やキャリアアップを目指すのなら、必ず利用したい転職サービスと言われているのも納得です。

 

ITだけに留まらない幅広さ

ワークポートはIT特化型だと言われていますが、他の業種にも強みがあります。例えばゲーム業界、アニメ業界、事務から営業に至るまで幅広く対応しています。

 

全体的にIT系・クリエイティブ系の業種が得意な印象が強いですが、業種に限らずスムーズな転職を目指せるサービスだと言えそうです。

中途採用の強い味方!IT業界への転職ならワークポートがイチオシ!

中途採用として転職活動を進めていこうと思っている、あるいは現在進行形で進めている方にチェックして欲しいのがワークポートという転職コンシェルジュサービスです。

 

ワークポートは国内最大規模のIT特化型転職サービスになります。

 

実績や案件数がとても多く、IT業界で働いたことがない人でも中途採用という形で働き始められるチャンスがあります。

 

コンシェルジュがマンツーマンでサポート

ワークポートはコンシェルジュがサポートしてくれる

どうして中途採用にワークポートをオススメするのか。その最大の理由は転職コンシェルジュの存在です。

 

最近では転職エージェントやコンサルトを利用できるサービスが増えてきていますが、これらよりも更に高い質を提供するために、ワークポートではコンシェルジュという名称を採用。

 

そして実際に利用者からは満足のいく転職活動ができた!と評判になっています。

 

例えば中途採用としてどのように働きたいのか、どういった待遇を望んでいるのか…といった希望をしっかりとヒアリングし、それに沿った案件を紹介してくれます。

 

もちろん面談や交渉などはコンシェルジュが代行してくれるため、今の職場で働きながら中途採用の転職先を探すことだって可能なんです。

 

業界内での評価も高い!

ワークポートに中途採用の案件が多いのは理由があります。それはIT業者の間で広く認知されているからなんです。

 

つまり、ITに携わる人たちからすれば「転職をするならワークポート」というイメージが既に出来上がっているわけです。もちろんこれには実績が根底にあるため、信頼できるポイントだと言えますよね。広く知られていても実績がなければここまで浸透することはありません。

 

それだけに、求人案件数が多いのも納得ですし、求人数が多い=希望に沿った条件で働き始めるチャンスが広がる、と言えます。

 

中途採用という形で心機一転IT業界に飛び込みたい!という方はもちろん、これまでずっとIT畑でやってきた人にも納得のいく転職を実現できるはずです。

一番のおすすめはどこ?ワークポートと転職エージェントを比較調査!

ワークポートのサービスについて詳しく解説してきましたが最後に他の転職エージェントと比べてみましょう。

 

内容は掲載求人数、ネットの評判、エージェントについて知名度の高い転職エージェントとワークポートで比較してみました。

 

これから転職を考えている方は是非、参考にしてみてください。

 

ワークポートとエンジャパンを比較!

 

 

エンジャパンは国内でも最大手の求人情報ポータルサイトです。転職情報からバイト、派遣、そしてもちろんエージェントサービスも用意されています。

 

ワークポートとエンジャパンの特徴の比較についてはコチラ

 

掲載されている求人数の違いは?

 

常時15,000件の求人情報を掲載するワークポートに対して、エンジャパンの求人情報掲載数は10,000件となっています。ワークポートの方が求人数が多く、単純に比較すると有利だといえるでしょう。

 

さらにゲーム業界やIT業界に特化した求人が多いことがワークポートの特徴であり、一方で様々な業界の求人を総合的に紹介することがエンジャパンの特徴となっています。ワークポートはゲーム業界やIT業界への転職を希望する人にとって、最適な転職サービスだといえるでしょう。

 

ネットの評判や口コミなどの違いは?

 

ネットの評判や口コミなどを比較してみると、ワークポートに関しては好意的な意見が多いようです。特にコンシェルジュなどによる丁寧なサポートが、多くのユーザーからの高い満足度を獲得しています。エンジャパンについてはネットの評判や口コミ自体が少なく、これからの転職サービスだといえるのかもしれません。

 

さらにネットの評判や口コミを探してみると、質の高いエージェントに満足しているという意見などがみつかります。ちなみにエン転職・エンミドルの転職・エン派遣・エンバイトなどの、エンジャパンが提供するその他のサービスについては、好意的なネットの評判や口コミが多いようです。

 

エージェントのサービス内容の違いは?

 

ワークポートでもエンジャパンでも、エージェントによる転職サポートサービスを提供しています。エージェントの名称は「コンシェルジュ(ワークポート)」「キャリアパートナー(エンジャパン)」であり、いずれも様々な業界の転職事情を知り尽くしたプロフェッショナルです。ワークポートのコンシェルジュは、特にゲーム業界やIT業界との強いパイプを持つことで知られています。

 

ゲーム業界やIT業界への転職希望者は、転職を強力にサポートするワークポートのコンシェルジュを活用してみてください。エンジャパンのキャリアパートナーは、20代・30代の転職者を積極的にサポートします。これからのキャリアプランの構築を検討している20代・30代の転職希望者は、エンジャパンのキャリアパートナーを活用しましょう。

 

ワークポートとマイナビ転職を比較!

 

 

転職や就職でお馴染みの業界最大手マイナビ転職。マイナビ転職だけにしか掲載されていない求人も多い…ということもあって、選ぶ人も大勢います。

 

ワークポートとマイナビ転職の特徴の比較についてはコチラ

 

掲載されている求人数の違いは?

 

常時15,000件の求人情報を掲載するワークポートに対して、マイナビ転職では求人情報掲載数を非公開としています。実際に検索をして求人数を確認してみると、平均で8,000件から10,000件程度の求人を取り扱っているようです。

 

マイナビ転職が取り扱う転職情報の大半は、一般には公開されない非公開求人となっています。原則としてマッチングはスカウトメールにより行い、これはマイナビ転職の仕様となっています。

 

ネットの評判や口コミなどの違いは?

 

ネットの評判や口コミなどを比較してみると、ワークポートに関しては好意的な意見が多いようです。否定的な意見などはほとんど見つかりません。やはりコンシェルジュなどによる丁寧なサポートが、多くのユーザーからの高い満足度を獲得しているようです。

 

一方で利用者が多いマイナビ転職の場合には、ネットの評判や口コミは様々となっています。好意的な意見もあれば否定的な意見もあり、十人十色だといえるでしょう。「マイナビで理想の転職に成功しました!」という口コミもありますが、一方で「マイナビを利用したけれど結局転職先が見つかりませんでした…」という口コミもあります。

 

エージェントのサービス内容の違いは?

 

ワークポートでもマイナビ転職でも、エージェントによるサービスを提供しています。エージェントの名称はそれぞれ「コンシェルジュ(ワークポート)」「転職アドバイザー(マイナビ転職)」です。ワークポートのコンシェルジュは一般的な転職サポートサービスですが、マイナビ転職の場合には基本的に自分自身で求人情報を閲覧して応募をするか、あるいは企業からのスカウトメールを待つことになります。

 

転職アドバイザーによるエージェントサービスは誰でも利用できるわけではなく、利用のためには申込みの手続きが必要です。マイナビグループではエージェントサービスに特化した、マイナビエージェントのサービスを提供しています。エージェントサービスの積極的な活用を希望する人は、マイナビエージェントに申込んでみてください。

 

ワークポートとリクルートエージェントを比較!

 

 

転職・就職活動において業界最大手としての注目を集めているのがリクナビことリクルートエージェントです。そんなリクナビが提供している転職エージェントサービスがリクナビエージェントになります。

 

ワークポートとリクルートエージェントの特徴の比較についてはコチラ

 

掲載されている求人数の違いは?

 

常時15,000件の求人情報を掲載するワークポートに対して、リクルートエージェントでは20,000件の求人情報を掲載しています。ただしリクルートエージェントではさらに120,000件以上の非公開求人を取り扱っていますので、求人数については圧倒的にリクルートエージェントが有利になります。

 

ワークポートの15,000件の求人には非公開求人の数が含まれていますので、求人数で選ぶのであれば業界最大手であるリクルートエージェントのメリットが大きくなります。公開求人よりも非公開求人の数が多いというのは、リクルートエージェントならではの面白いポイントだといえるでしょう。

 

ネットの評判や口コミなどの違いは?

 

ネットの評判や口コミなどは、転職サービスを選択する際の重要なポイントになります。ネットの評判や口コミなどを比較してみると、ワークポートに関してはポジティブな意見が多いようです。ネガティブな意見などはほとんど見つかりません。コンシェルジュの丁寧なサポートや、各種ツールの使いやすさなどが、多くのユーザーからの高い満足度を獲得しているようです。

 

一方でリクルートエージェントの場合にはネットの評判や口コミは様々ですが、好意的な意見と否定的な意見の2種類に分かれているようです。ネットの評判や口コミの多くは好意的なものですが、リクルートエージェントは大手転職サービスで利用者が多いため、「リクルートエージェントでは理想の転職先が見つからなかった」「結局別の転職エージェントを利用した」などといった口コミも見られます。

 

エージェントのサービス内容の違いは?

 

ワークポートでもリクルートエージェントでも、エージェントによるサービスを提供しています。エージェントの名称はそれぞれ「コンシェルジュ(ワークポート)」「エージェント(リクルートエージェント)」です。ワークポートのコンシェルジュもリクルートエージェントのエージェントも、いずれも一般的な転職サポートサービスになります。具体的なサポート内容はほぼ同様であり、転職希望者の希望や意見を聞いた上で最適だと思われる求人の紹介(マッチング)を行い、さらにスケジュールの調整や書類作成のサポート、面接に関するアドバイスや待遇に関する企業との交渉などを行います。

 

さらにワークポートでもリクルートエージェントでも、転職を成功させるためのセミナーを頻繁に開催しています。ネットの体験談や口コミなどによる意見では、ワークポートは利用者数が少ない分だけ1人あたりのサポートの内容が充実しているようです。転職活動に様々な不安を感じる初心者の場合には、より満足度の高いサポートが期待できるワークポートが向いているかもしれません。

 

ワークポートとリクナビを比較!

 

 

転職エージェントと言えば第一に名前が上がるくらいに知名度・実績共に有名!就職、派遣、新卒者向けと非常に多様なサイトがあるので充実したサポートを受けることができます。

 

ワークポートとリクナビの特徴の比較についてはコチラ

 

掲載されている求人数の違いは?

 

常時15,000件の求人情報を掲載するワークポートに対して、リクナビでは300,000件の求人情報を掲載しています。さらにリクナビでは80,000件以上の非公開求人も取り扱っていますので、求人数については圧倒的にリクナビが有利だといえるでしょう。

 

リクナビでは専門職から営業職まで、幅広い職種の求人情報を取り扱っています。業界大手の転職サービスであるリクナビであれば、転職者が希望する条件に合致する転職先が見つかりやすくなります。

 

一方のワークポートはゲーム業界やIT業界に特化した求人サービスであるため、求人数が少ないのは仕方がないといえるでしょう。ゲーム業界やIT業界への転職を希望するのであれば、ワークポートを活用するのが効率的です。

 

ネットの評判や口コミなどの違いは?

 

転職サービスを選択する際の重要なポイントとしては、ネットの評判や口コミなどがあげられます。ネットの評判や口コミなどを比較してみると、ワークポートに関しては好意的な意見が多く、否定的な意見はほとんど見つかりません。「コンシェルジュの丁寧なサポートに満足している」「希望する転職先が見つかった」などといった口コミが多いようです。

 

リクナビは業界大手であり利用者が多いためか、ネットの評判や口コミなども様々となっています。「希望にピッタリの転職先が見つかった!」という口コミもありますが、一方で「転職活動がうまく行かなかった…」という口コミもあります。ネットの評判や口コミは、良いと悪い口コミが見事に分かれています。

 

エージェントのサービス内容の違いは?

 

ワークポートでもリクナビでも、エージェントによるサービスを提供しています。エージェントの名称はそれぞれ「コンシェルジュ(ワークポート)」「エージェント(リクナビ)」です。ワークポートのコンシェルジュもリクナビのエージェントも、提供する転職サポートサービスの内容はほぼ同様です。転職希望者の希望や意見に合わせた求人の紹介(マッチング)を行い、さらに書類の作成やスケジュール調整のサポート、各種アドバイスや待遇に関する企業との交渉など、様々なサポートを期待することができます。

 

サポートの質については、ワークポートのコンシェルジュが有利だといえるかもしれません。コンシェルジュサービスに力を入れていることがワークポートの特徴であり、転職希望者をマンツーマンでしっかりとサポートします。一方のリクナビでもエージェントサービスを提供していますが、ワークポートと比較するとイマイチのようです。

 

転職活動が初めての人や、転職活動に様々な不安を感じる人の場合には、より充実したサポートが期待できるワークポートのコンシェルジュサービスがおすすめです。一方でできるだけ多くの求人情報を閲覧して、自分自身で転職活動をすすめていきたい人には、リクナビのエージェントサービスが適しているかもしれません。

 

ワークポートとDODAを比較!

 

 

日本最大級のエージェントサービスとして注目を集めているのがパーソルキャリアのDODAです。プロの転職アドバイザーが、求人の紹介のみならずく、面接での対策、キャリアプランを提示したりと幅広い転職への道をサポートしてくれます。

 

ワークポートとDODAの特徴の比較についてはコチラ

 

掲載されている求人数の違いは?

 

常時15,000件の求人情報を掲載するワークポート対して、DODAでは100,000件の求人情報を掲載しています。求人数については圧倒的にDODAが有利だといえるでしょう。

 

ただしワークポートはゲーム業界やIT業界に特化した求人サービスであるため、求人数を単純に比較してもあまり意味がないといえるかもしれません。ゲーム業界やIT業界への転職を希望するのであれば、ワークポートの活用がおすすめです。

 

一方のDODAは総合転職サービスであり、専門職から営業職まで幅広い職種の求人情報を豊富に取り扱っています。様々な求人情報をチェックして転職先を決めたい人や、ゲームやIT以外の業界への転職を希望する人は、DODAの活用を検討してみてください。

 

ネットの評判や口コミなどの違いは?

 

転職サービスの使い勝手などを確認するためには、ネットの評判や口コミなどが大いに役立ちます。ネットの評判や口コミなどを比較してみると、ワークポートに関しては好意的な意見が多く、否定的な意見はほとんど見つかりません。否定的な意見はゼロではありませんが、その大半が好意的な意見となっています。

 

DODAの場合にも、同様に好意的な意見が多くなっています。いずれもベンチャー企業から大手企業までの様々な求人を取り扱っていますし、さらに一般には公開されない好条件の非公開求人なども数多く取り扱っていますので、いずれを利用しても十分に満足できるのではないでしょうか。

 

エージェントのサービス内容の違いは?

 

ワークポートでもDODAでも、エージェントによるサービスを提供しています。エージェントの名称はそれぞれ「コンシェルジュ(ワークポート)」「キャリアコンサルタント(DODA)」です。

 

ワークポートのコンシェルジュもDODAのキャリアコンサルタントも、ほぼ同内容の転職サポートサービスを提供しています。転職希望者の希望や意見を聞いて最適だと思われる求人の紹介(マッチング)を行い、さらにスケジュールの調整や応募書類の作成のサポート、待遇に関する企業との交渉や各種のアドバイスなど、応募から入社までトータルサポートを期待することができます。

 

サポートの質については、ワークポートが充実しているといえるでしょう。ワークポートのコンシェルジュは転職希望者をマンツーマンでしっかりとサポートしますし、さらにコンシェルジュの変更を申し込むこともできます。転職に不安を感じる人や、転職が初めての人には、安心のサポートが期待できるワークポートがおすすめです。

 

ワークポートとtypeを比較!

 

 

type転職エージェントは、専任の転職アドバイザーが、初心者の方にもわかりやすい求人の選び方、受かり方などをサポート!納得のいく転職活動ができると評判の転職エージェントになります。

 

ワークポートとtype転職エージェントの特徴の比較についてはコチラ

 

掲載されている求人数の違いは?

 

ワークポートでは常時15,000件の求人情報を掲載していますが、一方のtypeでは求人情報数を非公開としています。求人については一般に公開されている求人とは別に、一般には公開されない好条件の非公開求人などを取り扱うため、単純に比較することは難しいようです。

 

現在は様々な転職エージェントサービスを利用することができるのですが、その中でtypeは老舗の大手転職サービスだといえるでしょう。ただしその知名度はイマイチ低めであり、リクルートやDODAほど一般には知られていないようです。

 

ネットの評判や口コミなどの違いは?

 

転職サービスを選ぶ際には、ネットの評判や口コミなどが大いに参考になります。ネットの評判や口コミは、エージェントサービスを決める際の重要なチェックポイントだといえるでしょう。ワークポートについては満足しているという意見が多く、悪い評判や口コミなどはほとんど見つかりません。

 

その大半が好意的な意見であり、サービスの内容などが高く評価されています。typeもまた好意的な評価が多く、エージェントのサポートや非公開求人の内容に満足しているという口コミが多いようです。

 

エージェントのサービス内容の違いは?

 

ワークポートでもtypeでも、エージェントによるサービスを提供しています。エージェントの名称はそれぞれ「コンシェルジュ(ワークポート)」「キャリアアドバイザー(type)」です。

 

ワークポートのコンシェルジュもtypeのキャリアコンサルタントも、提供する転職サポートサービスの内容はほぼ同様です。いずれも転職者が何を目指しているのか、どのような条件の転職を希望するのかなどをじっくりとヒアリングして、転職者にとって最適だと思われる求人を紹介します。

ワークポート

IT業界の転職に強いエージェントを探しているなら

ワークポートの公式サイトへ