ワークポートにブラック企業の案件は絶対に無い!とは言い切れない

転職コンシェルジュがマンツーマンで徹底的に転職をサポートしてくれるワークポート。特にIT業界への転職に強いということもあって、利用者は増える一方です。そして、実績と同時に利用者・業界から高い評価を受けています。

 

そんなワークポートですが、全てが手放しで良い!というわけでもありません。当然「転職をしてみたは良いけれど、働いてみたらブラックだった!」というケースだってあります。実際にそういった声もネット上でちらほらと見受けられます。

 

そこで今回はワークポートとブラックの関係について紹介してみたいと思います。

 

IT業界は基本ブラック?

既にIT業界で働いている方なら身を持ってご存知かと思いますが、IT系の業務は泥臭い、体力勝負なところが大きいです。

 

技術やハードの進歩に伴って、作業効率自体は高まっているものの、どの分野を切り取ってみても必ずITは絡んでくる時代ですし、それだけ仕事のニーズが多いのも実際のところです。

 

つまり、基本的にIT業界はブラックという前提を理解していなくてはなりません。そしてこの流れはまだまだ続くものだと予想されます。

 

もちろん最近では残業を一切せず、休日出勤とは無縁のIT企業も増えてきてはいます。しかしそれは本当にひと握りですし、誰もが知っている大手IT企業だからといって当てはまるとは限りません。

 

ワークポートはあくまで利用者の希望に沿ったポジションや待遇の会社を紹介・手引きしてくれる転職サービスです。業務内容などもある程度は把握しているものの「絶対に残業が無い」「誰が見てもホワイトな会社」といった点まで把握するのは難しいものです。

 

こういった背景があるからこそ「ワークポートで転職したのに結局またブラックだった!」という声が出てくるのだと予想されます。

 

根気強く探す覚悟も必要かも

ブラックかどうか、を感じるのは個人の感性による部分は大きいと思います。一般的には毎日のように残業して、しかもサービス残業で、休日出勤も割と頻繁にあって…といったところはまずブラックだと考えて良いと思います。

 

しかし週に数時間の残業が出るのはこの業界では当然のことなのは周知の通りですし、絶対に残業しない!というのは探すハードルがかなり高いです。むしろ、ほぼ無いと言えるかもしれません。

 

もちろん全く無いことはありません。それだけに、余計ワークポートが力になってくれるはずです。

 

ワークポートではコンシェルジュと綿密に相談しながら転職活動を進めていけるデザインを採用しています。つまり、自分の希望に少しでもそぐわないのなら、紹介された案件は全て断っても良いわけです。

 

もちろんそういった会社ほど離職率は少ないでしょうから、探すのは手間と時間がかかります。当然倍率だって高いでしょうから、見つかっても採用されるかは分かりません。

 

これを覚悟の上で、絶対にブラックには働かないぞ!という強い意思を持って挑めば、きっと理想的な転職先を探し出すことができるはずです。

ワークポート

IT業界の転職に強いエージェントを探しているなら

ワークポートの公式サイトへ