ワークポートとdodaの違いをチェック・比較して選ぼう

転職エージェントサービスの大手であるワークポートとdoda。どちらを選ぼうか悩んでいる方も多いと思います。そこで今回はワークポート、dodaの両者のそれぞれの特徴をチェックし、比較してみたいと思います。

 

掲載求人数の比較

まずはワークポートとdodaの掲載求人数から比較してみましょう。

 

ワークポートは常時15000件、dodaは10万件となっているため、求人数はdodaの圧勝です。

 

しかし、ワークポートはIT業界やゲーム業界への転職に特化したサービスなので、求人数に違いがあって当然、という見方もでき、一概には言えない部分もあると思います。

 

IT業界・ゲーム業界への転職を考えるならワークポート、異業種も含めて色々な求人情報をチェックしたいならdodaといった具合で使い分けられると良さそうですね。

 

ITに限らない大手企業ならdodaは強いですが、IT業界やゲーム業界となるとワークポートに分があるようです。

 

口コミやネットの評判比較

ネット上での口コミや評判をチェックすれば、ある程度の使い勝手や転職のしやすさが見えてくるものです。

 

基本的にワークポートに悪い口コミや評判は見当たりません。全くないわけではありませんが、概ね良好、といったところでしょうか。

 

一方のdodaですが、こちらも良い評価が目立つ印象です。

 

どちらにも共通して言えるのが非公開求人が多い、そして大手からベンチャーまで幅広いという点です。満足のいく転職を実現させるためにはどちらも不可欠な要素ですよね。

 

エージェントの比較

ワークポートは「コンシェルジュ」。dodaは「キャリアコンサルタント」と言う名称でエージェントサービスを提供しています。

 

どちらも提供している内容としてはほぼ同じ。転職への希望条件のヒアリング、マッチした求人の紹介、書類対策、面接対策、スケジュール調整から待遇の交渉…といったトータルサポートを売りにしています。

 

ただ、ワークポートの場合はコンシェルジュを自由に変更したり、マンツーマンで転職活動を進めていけるなど手厚いサポートが高く評価されています。そう考えると、転職初心者の方はワークポートの方がより安心できるかもしれません。

 

結論

ということでワークポートとdodaの比較ポイントをいくつか紹介してきました。結論はITやゲーム業界ならワークポート、総合的に候補を見たいならdodaになります。

 

もちろん両方とも利用するのもOKだと思います。それぞれにしかない非公開求人情報もたくさんあるはずです。

ワークポート

IT業界の転職に強いエージェントを探しているなら

ワークポートの公式サイトへ