業界最大手のマイナビとワークポートの比較ポイントをまとめてみよう

新社会人向けの就職サービスでお馴染みマイナビ。主に学生向けの求人情報を掲載しているサイトになります。実際、学生の頃に活用したことがある人も多いのではないでしょうか。

 

一方のワークポートはIT業界・ゲーム業界に特化した転職サービスです。転職コンシェルジュが転職活動を濃密にサポートしてくれるため、満足のいくものに仕上げてくれます。

 

今回はワークポート、マイナビの特徴をチェックし、比較してみたいと思います。

 

掲載求人数の比較

まずはワークポートとマイナビの掲載求人数から比較してみましょう。

 

ワークポートは常時15000件となっています。一方のマイナビ転職は詳細な数は公表していません。企業研究掲載数15000社以上、といったデータは公表されています。

 

もちろん国内最大手の就職支援サイトですので掲載求人数はかなり膨大なものになると予想されます。大企業からベンチャー企業に至るまで、ほとんどの会社が利用していると言えるレベルかもしれません。

 

口コミやネットの評判比較

ネットの口コミや評判は参考にするべきポイントになります。特にサービスを比較するときの重要度は高め。

 

ワークポートの口コミや評判はポジティブな意見が圧倒的に多いです。やはりコンシェルジュサービスの質の高さ、IT業界特化型という目的がはっきりとしていることが高評価のポイントと言えそう。

 

一方のマイナビですが、こちらは利用者が多いこともあって多種多様な意見が見受けられます。たくさんスカウトがもらえた!という人もいれば、まったくこなかった…という人も多く、スキルや学歴がダイレクトに反映している印象は否めません。

 

エージェントの比較

ワークポートは「コンシェルジュ」というエージェントサービスを提供していますが、マイナビは特にエージェントサービスを用意していません。基本的に自分で探して応募するかスカウトを待つ形になります。

 

マイナビエージェントを利用すればエージェントサービスが受けられます。

 

結論

ということでワークポートとマイナビの比較ポイントをいくつか紹介してきました。

 

結論としてはIT業界への転職を希望し、コンシェルジュとマンツーマンで進めたいならワークポート、自力で進めたいならマイナビになるでしょうか。

 

上記した通り、マイナビにはエージェントサービスがありません。あくまでもスカウト制を重要視したサービスです。また、転職者向けではなく新卒者向け・学生向けの内容となっている点にも注意してください。

ワークポート

IT業界の転職に強いエージェントを探しているなら

ワークポートの公式サイトへ