転職業界最大手のマイナビ転職とワークポートの比較ポイントをまとめてみよう

転職や就職でお馴染みの業界最大手マイナビ転職。マイナビ転職だけにしか掲載されていない求人も多い…ということもあって、選ぶ人も大勢います。

 

ワークポートはIT業界・ゲーム業界に特化した転職コンシェルジュサービス。1から10まで全てマンツーマンで進めていける濃厚なサポートが高く評価されています。

 

今回はワークポート、マイナビ転職、両者それぞれの特徴をチェックし、比較してみたいと思います。

 

掲載求人数の比較

まずはワークポートとマイナビ転職の掲載求人数から比較してみましょう。

 

ワークポートは常時15000件となっています。一方のマイナビ転職は詳細な数は公表していません。検索してみると、大体8000〜10000件くらいがヒットするようです。

 

またマイナビ転職はほとんどが非公開求人情報の取り扱いとなっていて、これはスカウトメールでなければマッチングすることができない仕様になっています。

 

口コミやネットの評判比較

転職サービスを選ぶとき、ネット上での口コミや評判をチェックするのは大事なポイントですよね。

 

ワークポートに関してはほとんどが良い口コミになります。マイナスな意見はあまり見受けられません。やはりワークポートが強みとしている、入念なコンシェルジュのサポートが高く評価されている傾向が強いです。

 

一方のマイナビ転職ですが、こちらは利用者が多いこともあって十人十色の口コミや評判が見受けられます。理想的な転職ができた!という人もいれば、結局転職できず終いだった…といった意見も。

 

エージェントの比較

ワークポートは「コンシェルジュ」。マイナビ転職は「転職アドバイザー」という名称のエージェントサービスを用意しています。

 

ただしマイナビ転職は基本的に自分で探して応募する、あるいはスカウトメールを待つためのサイトになるため、アドバイザーの利用は申し込み制になっています。誰でも入念なエージェントサービスが受けられるわけではない、という点は覚えておくべきでしょう。

 

もちろんマイナビグループが提供するエージェント特化型サービスもあります。それを希望するなら、マイナビエージェントを利用しましょう。

 

結論

ということでワークポートとマイナビ転職の比較ポイントをいくつか紹介してきました。

 

結論としてはエージェントサービスに期待するならワークポート、自力で転職活動を進めたいならマイナビ転職になるでしょうか。

 

上記した通り、マイナビ転職はもともとエージェントサービスが用意されていません。あくまでもスカウト制を重要視した転職サービスです。

 

「IT業界・ゲーム業界への転職を希望し、エージェントサービスの質にもこだわりたい!」という方はワークポートの方が納得のいく転職活動に繋げやすいと思います。

ワークポート

IT業界の転職に強いエージェントを探しているなら

ワークポートの公式サイトへ