転職業界最大手のリクルートエージェントとワークポートの比較ポイントをまとめてみよう

転職や就職といえばリクナビが有名で、実際に業界最大手として君臨しています。そんなリクナビが提供している転職エージェントサービスがリクナビエージェントです。

 

ワークポートはIT業界やゲーム業界に特化した転職コンシェルジュサービスで、マンツーマンで納得のいく転職活動を支援していること、良質な案件が集まることで高く評価されています。

 

もちろん目的に合わせて両者のどちらかを選択する必要があります。そこで今回はワークポート、リクナビエージェント両者のそれぞれの特徴をチェックし、比較してみたいと思います。

 

掲載求人数の比較

まずはワークポートとリクナビエージェントの掲載求人数から比較してみましょう。

 

ワークポートは常時15000件、リクナビは20000件(非公開求人12万件!)となっているため、求人数は圧倒的にリクナビエージェントです。

 

エージェントサービスなだけに、非公開求人の方が公開求人よりも圧倒的に多い…というのは面白いポイントになってくるかもしれませんね。

 

ワークポートは非公開求人情報込みで15000件なので、やはり最大手のリクナビがどれだけ強大かが伺える比較結果になりそうです。

 

口コミやネットの評判比較

転職サービスを選ぶとき、ネット上での口コミや評判をチェックするのは大事なポイントですよね。

 

ワークポートに関してはほとんどが良い口コミとなっていて、ネガティブなものはあまり見かけられません。内容のほとんどは「コンシェルジュサービスが心強い」「ツールが使いやすい」といったサポート面に関する部分が大きいようです。

 

一方のリクナビエージェントは利用者の絶対数が多いこともあって、良い口コミとそうでない口コミに割れるようです。全般的に見ると満足度の高さが見て取れるのですが、中には「結局他のエージェントサービスに頼ることになった」というものも。もちろん利用者が多いだけに、色々な意見がたくさん出回るのである程度は仕方がないのですが…。

 

エージェントの比較

ワークポートは「コンシェルジュ」。リクナビエージェントは「エージェント」と言う名称でエージェントサービスを提供しています。

 

エージェントによるサポート内容はほぼ同じものとなっています。具体的にはヒアリングや企業のマッチング(紹介)、スケジュールの調整から待遇の交渉…と最初から最後までサポートしています。

 

またワークポート、リクナビエージェント共にエージェントによるセミナーを開催しているのも特徴ですね。

 

質に関しては利用者数が少ないワークポートの方が1人に対するサポートが濃厚だと予想され、実際に口コミや体験談でも言われています。なので転職活動初心者の方はワークポートの方が満足のいく内容になる可能性は高いです。

 

結論

ということでワークポートとリクナビエージェントの比較ポイントをいくつか紹介してきました。

 

リクナビエージェントは業界最大手の転職エージェントサービスなので、当然非公開求人情報が豊富ですし、その分だけ選択肢は広がります。これは間違いなくメリットとなるものです。

 

しかしIT業界やゲーム業界への転職に絞っている方や、心強いコンシェルジュサービスを期待する人にとってはワークポートを選ぶメリットが大きいでしょう。

 

もちろん両方とも使う、という手もあります。

ワークポート

IT業界の転職に強いエージェントを探しているなら

ワークポートの公式サイトへ