ワークポートとリクナビは仕組みが全然違う!比較ポイントを確認してみよう

転職と言えばリクナビ!というくらい知名度・実績共に有名ですが、転職エージェントサービスではワークポートもかなり人気が高いです。

 

理想的な転職を実現するためには、転職サービス選びが必要不可欠。そこで今回はワークポート、リクナビの両者のそれぞれの特徴をチェックし、比較してみたいと思います。

 

掲載求人数の比較

まずはワークポートとリクナビの掲載求人数から比較してみましょう。

 

ワークポートは常時15000件、リクナビは30万件(非公開求人8万件)となっているため、求人数は圧倒的にリクナビです。

 

さすが国内最大手の転職サービス…といったところでしょうか。これだけ掲載求人数が多ければ、希望する条件の転職先も探しやすいかもしれませんね。

 

ただ、リクナビは営業から専門職に至るまで幅広い求人を取り扱っているのですが、ワークポートはIT業界やゲーム業界に特化しています。そう考えると、掲載数が少ないのは仕方がないかもしれませんね。

 

口コミやネットの評判比較

転職サービスを選ぶとき、ネット上での口コミや評判をチェックするのは大事なポイントですよね。

 

ワークポートに関しては良い評判が多く、悪いものはあまり見当たらない印象があります。内容としてはコンシェルジュが頼りになる、希望する転職先が見つかった、といったものが多いです。

 

一方のリクナビは利用者が多いこともあって、良い口コミも悪い評判も多いようです。内容も千差万別で、マッチする転職先がすぐに見つかった人もいれば、結局思うように進められなかった人もいる様子。

 

エージェントの比較

ワークポートは「コンシェルジュ」。リクナビは「エージェント」と言う名称でエージェントサービスを提供しています。

 

どちらも提供している内容はほぼ同じです。転職への希望条件のヒアリング、マッチした求人の紹介、書類対策、面接対策、スケジュール調整から待遇の交渉まで、直接の面接以外はほぼ全て対応してもらえるものだと考えて良いでしょう。

 

ただし、エージェントの質にはワークポートに分があるように見えます。ワークポートはコンシェルジュサービスに特に力を入れていて、口コミや体験談を見ても真にマンツーマンで進めていくスタイルを取っています。

 

一方のリクナビもエージェントがしっかりとサポートしてくれるのですが、ワークポートほど密ではなさそうです。

 

ある程度自分で進められる、あるいは進めていきたい!という方はリクナビの方がしっくりとくるかもしれませんが、転職初心者の方や、進め方に不安がある方はワークポートの方が良いかもしれませんね。

 

結論

ということでワークポートとリクナビの比較ポイントをいくつか紹介してきました。はやり転職サービス最大手ということもあってリクナビならではの魅力がたくさん感じられますが、IT業界やゲーム業界への転職ならワークポートが強いように感じられます。

 

また入念なエージェントのサポートが欲しい方もワークポートを選ぶのが良さそうですね。

 

もちろんどちらにも登録して、並行して進めていくのも良いと思います。

ワークポート

IT業界の転職に強いエージェントを探しているなら

ワークポートの公式サイトへ