ワークポートとtypeの比較ポイントは?どっちを選ぶべき?

転職エージェントサービスの大手であるワークポートとtype。どちらの方が転職しやすいのか、成功しやすいのか…と気になる方も多いと思います。そこで今回はワークポートとtypeをポイント別に比較してみたいと思います。

 

掲載求人数の比較

ワークポートとtypeの掲載求人数を比較したいところなのですが、typeは特に大々的に求人数を掲載していないので、比較は難しいところ。なおワークポートは常時1万5000件以上になります。

 

ただワークポート、typeだけの話ではなく、転職エージェントサービス全般に言えることですが非公開求人情報をどれだけ取り扱っているか、は分からないため、比較しづらい部分もあります。

 

typeは大手転職エージェントサービスの中でも老舗的な立ち位置にあるのですが、他の有名どころ(リクルートやdodaなど)と比べると知名度は低め。

 

口コミやネットの評判比較

ネット上での口コミや評判はエージェントサービス選びでとても重要なポイントとなります。

 

ワークポートは特に悪い口コミや評判は見受けられず、全般的に高く評価されていることが多いようです。

 

一方のtypeもまた良い評価が目立つ印象を受けます。

 

どちらも非公開求人情報が多く、エージェントのサポートが頼りになるといったものが多いです。

 

エージェントの比較

ワークポートは「コンシェルジュ」。typeは「キャリアアドバイザー」と言う名称でエージェントサービスを提供しています。

 

提供している内容はほぼ同じようなもの。どういった転職を目指しているのか、上手く進めていくにはどうすれば良いのか…といった点に力を入れています。

 

結論

ということでワークポートとtypeの比較ポイントをいくつか紹介してきました。結論はITやゲーム業界ならワークポート、他にも色々な業界への転職を検討したいならtypeになります。

 

typeは転職ビジネスの老舗なので、独自のパイプを持ち、独占求人が多いですし、ワークポートはIT業界への知名度と信頼度が圧倒的。

 

転職先をある程度見据えた上でどちらを選ぶか判断するのが良さそうですね。もちろん両方とも活用するのも良いと思います。

ワークポート

IT業界の転職に強いエージェントを探しているなら

ワークポートの公式サイトへ