ワークポートのスカウトメールでマッチ率が大幅アップ!手早い転職活動につなげよう

転職サイトの定番機能と言えばスカウトメールではないでしょうか。スカウトメールを簡単に説明すると、利用者のスキルや経歴を知った上で企業側から「うちの会社で働きませんか?」という機能になります。

 

ご存知だと思いますが、このスカウトメール機能は積極的に活用するべきものです。そしてもちろんワークポートにもスカウトメール機能が搭載されています。

 

どうしてスカウトメールが重要なの?

ワークポートだけに限った話ではありませんが、スカウトメールは優先してチェックするべきだと言われています。その理由としては以下のようなものになります。

 

非公開求人情報

基本的にスカウトメールは非公開求人情報になります。また場合によってはワークポートの中でも非公開となっているものである可能性も!

 

非公開の求人情報は公にすると募集が殺到し、採用が送れる可能性がある…という、いわゆる「美味しい」求人であることがほとんどです。

 

つまりスカウトメール=良い案件と考えられるわけです。

 

転職がスムーズ

スカウトメールは誰にでも送られるわけではありません(絶対ではないかもしれませんが…)。原則として、企業が「この人にうちで働いて欲しい!」という人材に対して送られるものです。

 

つまり、書類選考や面接のハードルが大きく下がることになります。場合によっては簡単な面接だけで採用になる可能性だってあります。

 

eコンシェルでこまめにチェック

スカウトメールを確認するために、ワークポートのオリジナルツール「eコンシェル」は頻繁に確認するようにしましょう。

 

やはりスカウトメールを送る側としては、レスポンスの早い人の方が「やる気があるな」「信頼できるな」と感じるものです。気がついたときにはもう募集は締め切っていた…では勿体ない!

ワークポート

IT業界の転職に強いエージェントを探しているなら

ワークポートの公式サイトへ